塾講師になるには

塾講師のアルバイトは学生でも、比較的簡単に就くことができますが、 正社員で就職するということになると難しくなってきます。 塾講師の正社員になるのは、大卒で教員免許を持っていることが条件となります。 どこの大学かは問われませんが、塾のなかには有名大学出身者の時給を高く設定しているところがありますから、 有名大学を出ていた方が有利なことはあるでしょう。 ただし、教員免許を持っているだけで採用とはならず、希望する塾の採用試験に合格する必要があります。

しかし、塾と言っても、小学生を教えているところから大学受験に対応しているところまでさまざまなので、 一概に採用が難しいわけではありません。塾講師には、リーダーシップや子供受けがいい性格なども重視されますから、 成績が良いだけで採用されるとは限りません。 学生時代に塾講師のアルバイトの経験がある場合などは、採用に有利に働きます。 塾にはさまざまなタイプがあり、集団指導や個人指導、英会話や特殊な教科を教えるものなど、 就く仕事により塾講師の仕事内容は違ってきます。

勉強を教えるだけでなく、生徒や保護者から悩み相談が持ち込まれることもあります。 アルバイトから正社員になるという方法もあるため、正社員で就職するのが難しい場合は、 アルバイトで採用されてそこから正社員になるという方法もあります。 アルバイトには多くの大学生が採用されており、塾講師は大学生の定番のバイト先となっています。



◎特選サイト
塾講師になるための情報や仕事について参考になるサイトです > 塾講師 仕事